大阪があなたのレーダーに乗るべき6つの理由

大阪は愛情深く「日本のキッチン」として知られています。ラーメン(2018年に60歳の誕生日を祝う)の発祥の地であり、国の最も奇妙なレストランの本拠地です。

しかし、大阪には食べ物よりも多くのものがあります。その賑やかな運河の側面、花がいっぱいの公園、そして国の最も豪華なトイレに加えて、あなたは勝利のコンビネーションを持っています。大阪があなたの次の旅行になる理由は6つあります。

1.東のヴェネツィア

思考の運河はヨーロッパのものでしたか?もう一度考えて。大阪にはマイルとマイルがあります。

ドトムボリ地区は、それらをチェックするのに最適な場所です。また、大阪の最高の食べ物スポットもあります(ただし、自動販売機レストランで特に有名です)。

バージはありませんが、ツアーボートがたくさんあります。沢山のネオンカニ、エビ、餃子が特に人気のあるディスプレイです。ほとんどのツアーはドォムボリの多保門橋のボートドックから出発します。約700円(約5ポンド)で約20分間のクルーズを行います。

ハンス・ジョンソン/フリッカー

2.それはヌードルの天国です

ポット麺は、大阪を訪れた後、やや平らに見えます。

ここにはラーメンが考案され、この日本の繊細さに捧げられた観光名所もあります。インスタントラーメン博物館に立ち寄って、日本の通りのレプリカ、カラフルなラーメンのアーティスティックなディスプレイ、そして多くの(そして多くを意味する)さまざまな品種を試してみることができるフードコートを見つけることができます。

しかし、大阪には麺類よりも多くのものがあります。実際、日本で最も多様な食べ物があります。私たちの好きなグルメスポットの一つは日本橋です。日本の有名なメイドカフェの一部をはじめ、大阪のいくつかの飲食店があります。

奇妙なことに、大阪は日本最大のプラスチック食材メーカーの一つでもあります。日本のほぼすべてのレストランの外にあるプレートには、合成寿司、麺、餃子、カニなどが展示されています。難波のデザインポケットでは、自分で偽の食べ物を作る方法を学ぶことさえできます。

Pixabay / CC0

3.それは非常に自分の城があります

大阪城は、城壁、堀、約600本の桜に囲まれた美しく聳え立つ要塞です。あたかもここに立っているかのように見えるかもしれませんが、だまされてはいけません。最初の版での作業は1583年に始まりましたが、1615年に城が破壊されました。その修復は1665年に焼失し、1931年には具体的な版が建てられました。

元の城の建設を命じた恐るべき将軍豊臣秀吉を知るため、城の博物館に向かいます。

DavideGorla / Flickr

4.天気は完璧です

日本はかなり暑くなることがあります - 実際、水銀は暖かい月の間に定期的に40℃に達することがあります。しかし、大阪湾を横断する冷房風の影響で、海岸沿いの大阪の位置は気温を保つのに役立ちます。

これは、街の多くの公園が楽しい年であることを意味します。私たちのお気に入りには、大阪城公園(秋に一番美しい)と咲き誇った桜野宮があります。後者は春に避けられます。 花見 (桜の眺め)群衆。

ブライアントウォン/フリッカー

5.本当にクールな日帰り旅行に最適な拠点です

まるであなたを大阪に留まらないように、京都は電車でわずか15分です。プレミアムで時間をかけて、NijōCastle、SentōImperial Palace、美しい庭園を訪れてください。

超高速の新幹線ではわずか40分で、710年に遡る日本初の首都奈良を見つけることができます。ここにいる間は、東大寺と春日大社をチェックします(後者はその灯篭で有名な奈良公園の有名な弓鹿にお声をかけてください。

Pixabay / CC0

6.トイレは素晴らしいです

確かに、これは全国的な現象です。しかし、暖かい椅子の上にあなたの背を駐車し、本当に戻ることはありません。大阪では、5つ星ホテルだけではありません。百貨店、予算ホテル、そして 旅館 (伝統的な旅館)。

あなたは通常、洗濯と乾燥に関連する少なくとも5つの設定を見つけるでしょう。それを押して、あなたは気持ちの良い小さなジングルを聞くでしょう - この特定の機能は おとひめ (翻訳:サウンドプリンセス)。

大阪をもっと知ろう。フライトを比較し、ツアーを検索し、ホステルとホテルをあなたの旅行のために予約し、あなたが行く前に旅行保険を購入することを忘れないでください。ヘッダー画像:Yohmi / Flickr

コメントを残します